作業療法士の資格は高校卒業後3年以上の専門教育を受け、国家試験に合格したのちに、初めて与えられる資格です。
本学科では、作業療法の知識の習得や臨床実習はもちろんのこと、幅広い医学知識もしっかりと身に付け、
年1回行われる国家試験の合格を目指し徹底的に指導します。

作業療法士とは?

 

取得免許・資格

作業療法士国家試験受験資格
専門士(医療専門課程)

 

カリキュラム

 
1年次
基礎分野 国語学I・II/心理学/社会福祉学/情報処理I・II/医学英語/健康科学
専門基礎分野 解剖学I・II/解剖学実習I・II/生理学I・II/生理学実習/運動学I~III/運動学実習I/人間発達学/基礎医学演習/リハビリテーション概論
専門分野 作業療法概論I・II/作業療法評価法I・II/基礎作業学/基礎作業学実習I~IV/作業療法特論I
臨床実習 臨床見学/体験実習I
 
2年次
専門基礎分野 運動学実習II/病理学概論/臨床心理学/リハビリテーション医学/一般臨床医学/内科学/整形外科学/神経内科学/精神医学など
専門分野 作業療法評価法実習I~IV/作業療法評価法演習/作業治療学I~VI/作業治療学実習I~IV/日常生活活動I・II/義肢装具学/職業前評価・訓練/リハビリテーション関連機器/地域作業療法学/地域作業療法学実習/作業療法特論II
臨床実習 臨床評価実習/実習セミナー/体験実習II
 
3年次
専門分野 作業療法特論III 作業治療学演習
臨床実習 臨床総合実習/実習セミナー/体験実習III
 

学生の声

Q1. どうして箕面学園福祉保育専門学校を選んだのですか?
社会人経験を経て、専門学校に進むことを考えていた私は留年することなく勉強に集中できる環境の学校を探していました。
多くの学校のオープンキャンパスに参加していたのですが、なかなか合致する場所が見つかりませんでした。
そして、この学校のオープンキャンパスに参加した時に先輩達が熱心に学校について教えて下さり、少人数であるため先生達の指導が多く、集中して勉強できる環境であることを知り、この学校を選びました。また図書館では専門職の資料が豊富にあり、家から近いことも選んだ理由です。

Q2. なぜ、作業療法士になろうと思いましたか?
作業療法士になりたいと思ったのは大学生の頃にスポーツクラブのトレーナーとして働いていた時でした。来てくださるお客様へは安全に利用し帰れること・楽しんで効果を実感できるようにと考えて対応してきました。その時に、スポーツクラブに来てくださる時間以外の生活が、もっとお客様の幸せになると考えたことがきっかけです。
そして、社会人として働いている時に祖母が倒れ、大腿骨頸部を骨折してしまい寝たきりになってしまいました。その後にお見舞のため病院へ行くと、作業療法士の先生が自宅に帰るためのリハビリテーションをしていました。その後も何度かリハビリテーションをしている姿を見ました。
これは自分が探していたその人の生活に携わることができ、自分の経験を活かせる職業であると思い、作業療法士になろうと思いました。

Q3. 将来、どんな作業療法士になりたいですか?
 3年間、この学校で様々な知識・技術・考え方を学び、その人の幸せとは何かと考えています。作業療法士の資格を取得し、臨床ではその人の幸せを一緒に考え、一緒により良い方向性へ二人三脚で進める作業療法士になりたいと思います。

Q1. どうして箕面学園福祉保育専門学校を選んだのですか?
オープンキャンパスに参加した際に、先輩方の仲の良さと、少人数であるためしっかりと先生方に勉強を教えていただけると思い、本校を選びました。

Q2. なぜ、作業療法士になろうと思いましたか?
私は11歳年が離れた妹がおり、妹は幼い頃から体が不自由であったためリハビリに通っていました。
最初は妹に歩けるようになってもらいたいという想いから理学療法士を目指していましたが、ある時訓練入院をしていた妹が退院後、今までひとりで行うことができなかった「着替え」と「トイレ」が自分でできるようにいました。
そのことにとても感動し、「わたしも妹のような子どもたちを、支援していきたい」と思ったことがきっかけです。

Q3. 将来、どんな作業療法士になりたいですか?
将来は子どもたちを支援する発達領域で「あなたにリハビリしてもらえて良かった」と言ってもらえるような作業療法士になりたいと思います。

作業療法学科 TOP

インフォメーション